美白になれますか…、地黒なんですけど?

私、美白になりたいんです…!

black-cat-image

美白になりたいというのはすべての女性の願いです。

しかし地黒は遺伝だから美白にはなれないと思い込んでいる人が結構おられます。そこで地黒から美白になれるのかどうか、興味深いテーマでもあり調べてみました。
 
結果、少なからずの人が地黒から、自他共に認める美白肌になっています。
 
どうやら地黒は遺伝だから美白にはなれないという説は間違いのようです
 
本稿は実際に願いが叶えられた人たちの口コミを分析して、このお悩みの解決策を探ってみました。

どうやって地黒から美白になったの…?

徹底したUVケア

この人たちに共通しているのはUVケアには敏感に対応するなど、紫外線対策を怠っていない点でした。

ultraviolet-rays-image

UVケアというのは紫外線対策のことで、紫外線カットはもとより、紫外線が原因で起こる炎症、しみ、しわ、たるみなどの症状によく注意を払いケアすることをいいます。

中には紫外線の害は目からも入ってくるということで、UVケアのためにサングラスをしていた人がそれだけで、結構美白になれたという話もありました。

実は、調べを進めていくうちに、紫外線が肌に及ぼす影響は重大なものであることを再認識しました。

紫外線の恐ろしさについては別稿をご覧ください。別窓で開きます。

紫外線から目を守る方法!
今日は紫外線から目を守る方法をお話します。目も肌と同じように毎日紫外線に晒されています。紫外線は目からも入り込んで炎症や病気を引き起こします。本稿では紫外線…

UVケアのためのサングラスは欧米では当たり前に普及していることです。美白になるにはこの紫外線対策が大きなポイントと言えるようです。

ホルモンバランスを整えた

また、ストレスから遠ざかり精神状態が落ち着いてきて、女性ホルモンのバランスが整うと美白肌になってきたという話もありました。

ホルモンバランスがうまい具合に調和されてくるとその効果は真っ先に肌に現れるようです。

ニキビや肌荒れ、シミ、シワなどの肌トラブルが快方に向かうのはよく知られていることですが、それにしても肌色にまで影響を及ぼしたということでしょうか。

特に女性の場合には思春期から大人女子のアラサー・アラフォー時代、そして成熟期に至るまで、ホルモンバランスを崩さないことが生涯の課題となります。

ホルモンバランスの調整は食事面を見直したり、サプリで解決したり、手に負えない時には専門のカウンセリングを受けるなど方法はいくらでもあります。

特に何もしなかった

さらに何もしなかったけれど二十歳を過ぎたころから地黒から美白に変わったという人もいました。

このケースなどは思春期の「にきび」や「赤ら顔」同様、成長期のホルモンバランスが関係していると思われます。

同時に元々美白の肌質だったことも考えられます。

さて、本稿のテーマに関連した3つのケースを挙げてみました。

この人たちは皆色黒で悩んでいたのですが、その内大多数は遺伝的な地黒だと思い込んでいた人たちです。

こうした結果から、地黒は遺伝だから美白にはなれないという説は間違いのようです。

まとめ

本稿をまとめるに当たって地黒から美白になるには、普段からのUVケアが極めて大事であることを痛感しました。

さらに言うと肌の保湿を忘れず、ホルモンバランスを崩さないように意識した毎日を過ごすことです。
 
それには栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレスフリーの生活習慣を継続することになります。

なおその際も、以下のファイトケミカルを意識すると効果も早まります。

ファイトケミカルはアンチエイジングを促進します!
ファイトケミカルはアンチエイジングを促進することをご存知でしょうか。ファイトケミカルとは果物や野菜類など、植物が持つ特有な鮮やかな色素や苦味、辛味、或いはネ…

その結果として組織の正常なターンオーバーがなされ、地黒から限りなく美白に近づくことはどうやら可能なようです。

美白ケアは確信を持って実践することが大切です。