あくびと病気との関わりについて!

あくびは、疲れた時、眠い時などに意図せずに起こる呼吸動作であり、顔面筋全体を強く伸縮させ、空気を大きく吸い込むことに特徴があるおなじみの生理的動作です。

これを複数回繰り返す場合もあります。

Dogs-yawn
通常あくびの後は大きな爽快感があり心身がリフレッシュし、精神が落ち着き目先のことを客観的に考える心のゆとりができます。あくびをすることには本来このような意味があります。

しかしいつまでもあくびが止まらずリフレッシュ感も無く、かえって息苦しさを感じるような時は病気との関わりが疑われます。
 
本稿ではこのあたりのことを調べてみました。あくびについて過剰な心配をする必要はないとしても、何かしら気にかかるようでしたら気を付けるに越したことはありません。
 
はじめにあくびはなぜおこるのでしょうか。

あくびはなぜおこるの?

あくびをおこす要因についていろいろな説があります。
 
ざっと「眠気説」、「疲れ説」、「退屈説」、「酸素不足説」、「脳冷却説」、「緊張説」、「病気の兆し説」などが挙げられます。
 
それぞれ説得力があり、確かに要因の一つと考えられます。
 
ちなみに上記の「緊張説」とは、人が何か緊張した状態にいる時にあくびが頻繁に出るという主張です。
 
これは極度の緊張やスレトスにより脳内での酸素の消耗も激しくなりあくびによって酸素を取り込もうということです。
 
これに関し「乗客の疑わしい行動をチェックする項目」の中に「過度のあくび」を含めているという、外国のある運輸関連の公安組織もあるそうです。
 
緊張やストレスもあくびが出る要因になり得るわけです。
 
注意しなければいけないのが上記の「病気の兆し説」です。これは脳が酸素を不足し、あくびを促すのは病気との関わりがあるのではないかという主張です。

では、あくびを促す病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

あくびと病気との関わり

脳内に酸素欠乏をおこすような病気はほぼすべてあくびを引き起こします。
 
以下に挙げます。

  • 脳梗塞、心筋梗塞
    この病気は血管が詰まることから血流が悪くなり脳内に酸欠を起こし、そのためあくびが出ます。
  • 狭心症
    狭心症は血管の内腔が狭くなり心筋に十分酸素を送り込めなくなることからあくびが出やすくなります。胸に圧迫感や痛みを伴い、リフレッシュどころではないでしょう。
  • 低酸素血症
    動脈中の酸素が不足する病気で、肺胞内の空気が足りなくなり、酸素を補填しようとあくびが出まする。
  • 貧血
    鉄分の不足による症状です。酸素を各組織に運ぶ役目の血色素ヘモグロビンの生成には鉄分が必要なのですが、それが不足することで脳内の酸素量も減りあくびが出ます。
    少しでもあくびにより酸素を取り込もうとする生理的な生体反応です。
  • 低酸素血症
    この病気になると血液中の糖分グルコースの調節ができなくなり、脳が必要としている時も供給できないことから脳の働きが低下し、あくびが出ます。
     
    素早く酸素を取り込んで脳を活性化させようとするため、口を大きく開けるあくびが特徴です。
  • 自律神経失調症
    昼に活発になる交感神経と夜に活発になる副交感神経により構成されている自律神経の不調から、主に呼吸、消化、循環などの維持、調節ができなくなり、結果的にあくびにつながります。

 
あくびは脳内に素早く大量の酸素を取り込み酸素不足を解決しようとする動作であり、上記の病気の共通項はすべて脳内の酸素を不足させる点にあります。

まとめ

あくびの本質は体が酸素を要求した時に、素早く大量の酸素を体内に取り込むことでした。
 
ごく自然な疲れや眠気からあくびが出る場合には、大きな爽快感が伴うのが普通であり、この場合には何の心配もないのですが、あくびが止まらなかったり息苦しい時は病気の兆しかもしれません。
 
さらに頭痛や吐き気、めまいが伴ったり、手足のしびれや麻痺などが現れたり、言語障害が認められたりする時は明らかに異常であり適切な対処が望まれます。