BBクリームとCCクリームのメリットとは!

きょうはBBクリームとCCクリームのメリットのお話です。どちらも簡単メイクの必須アイテムとしてすっかり定着しています。この両者のメリットとはどのようなものなのでしょうか。
 
bb-cream-image
これを使うと確かに短時間でメイクが完了します。メイク時間を短縮したい時には重宝します。またじっくりとメイクをしたい時にも、この両者を併用することで効果的なメイクが期待できます。
 
それぞれのメリットを活用し、工夫して使いこなしていくことで映えるメイクが可能になリます。
 
本稿ではBBクリームとCCクリームのメリットについて解説し、更に両者の違いと使い方について触れていきます。

BBクリームのメリットとは?

まずはBBクリームの特徴と性質について解説します。
 
BBは「Blemish Balm」の略でBlemish はシミや傷を意味し、Balm は香油を意味します。
 
もともとはドイツの皮膚科クリニックでピーリングの施術後の治療として皮膚のダメージを回復させるために使用したのが始まりでした。
 
それを韓国のメーカーが化粧品としてアレンジしたものが国内でヒットし、日本にも伝わりました。当初は肌の凹凸をカバーするためのものでした。
 
その後日本のメーカーも参入して研究、改良がなされ、BBクリームは現在ではかなり進化したものが出回っています。
 
多くのものは美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの役目を兼ね備えており、オールインワン化粧品として肌を保護し、肌の欠点をカバーする力に優れています。

CCクリームのメリットとは

BBクリームが好評なことから続いて開発されたのがCCクリームになります。その特徴と性質はざっくり言いますと以下のようです。
 
CCとは「Color Correcting」或いは「Color Control」の略で、CCクリームは肌色の補正に重点がおかれており、ファンデーションの機能は薄いものが多いようです。
 
CCクリームもBBクリーム同様にスキンケアの機能も含むのオールインワンタイプのコスメですが、どちらかというと化粧下地の要素が強くメーカーごとに名称も違います。
 
BBクリームよりもベタつかず、軽いので時間がない時にあっさりメイクで仕上げるにはこれ1本で十分です。いわゆる「すっぴんメイク」で、早い人は1分で完了するそうです。
 
このメイクですとクレンジングも楽で肌には負担がかかりません。

両者の上手な使い方

単品でメイクを済ませたい時は基本的にBBクリームを使います。但しあっさりメイクが良い時にはCCクリームを選ぶというスタンスで良いでしょう。
 
また両方を使う場合はCCクリームを先に使います。CCクリームをベースにしてその上にBBクリームを塗ると色艶感が引き立ちます。これはもうはっきりと分かります。
 
また、肌の状態によりパウダーなどを組み合わせると効果的なメイクができます。
 
BBクリームだけで済ませる時も、特にひどいシミやニキビ跡などにはBBクリームを二度塗りしたり、BBクリームの上からパウダーファンデーションを塗ると仕上がりが自然になります。
 
様々に工夫をしてBBクリームを使いこなせるようになるとメイクの幅が広がります。
 
ベースのBBクリームの後に、キラキラ素材を含んだBBクリームを鼻筋に加えてハイライト・ローライトを入れて、小顔効果に挑戦してみるのも楽しいことではないでしょうか。

おわりに

BBクリームは1960年代にドイツの皮膚科医が考案し、それをヒントに1980年代に韓国の化粧品メーカーが開発しました。
 
実に50年以上もの年月を経ており、当初のBBクリームよりは遥かに進化したものとなっています。
 
メイクの必須アイテムとしてこれほどに定着したのは何よりも便利であることが挙げられます。メイク時間の短縮ときれいな仕上がりが現代の生活様式にマッチした結果ではないかと思われます。
 
このBBクリームとCCクリームのメリットを大いに活用し、工夫して使いこなしていくことで一層映えるメイクが可能になることでしょう。